メディカルちゃんねる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自らの免疫細胞をがん細胞を攻撃する細胞に作りかえるがん治療の新手法開拓、白血病の7歳少女に「治癒」の兆し 


1 :pureφ ★:2013/03/26(火) 23:51:52.97 ID:???
がん治療の新手法開拓、白血病の7歳少女に「治癒」の兆し


米ペンシルベニア(Pennsylvania)州フィリップスバーグ(Philipsburg)の自宅でポーズをとるエミリー・ホワイトヘッド
(Emily Whitehead)さん(2013年2月撮影)。(c)AFP/HO/KARI WHITEHEAD

【3月26日 AFP】エミリー・ホワイトヘッド(Emily Whitehead)さん(7)はある意味で重要人物だ──彼女は、自らの
免疫細胞を、がん細胞を攻撃する細胞に作りかえる治療を受け、これまでのところ白血病に打ち勝っている。

 米国での数十年間の研究の中で、エミリーさんは成功の兆しをみせている初めての子ども。これまでのところ11か月
間にわたって回復を続けており、同研究には現在、他に3人の子どもと数十人の成人が参加中だ。

 昨年末、研究の暫定結果が発表されると、エミリーさんは一躍有名になった。イヌと遊んだり読書をしたり、屋外を
探検したりして日常生活を楽しんでいるエミリーさんだが、母親のカリ(Kari Whitehead)さんによると、外出時には写真
撮影を頼まれたり、中にはエミリーさんに触りたいという人までいるという。

 米国の研究チームは、次世代のがん治療開発に向けた研究を加速させている。いずれ、がん治療は一生に1度の
薬剤投与で済み、化学療法や骨髄移植が不要になるかもしれない。

■患者のT細胞を「がんを攻撃する細胞」に作り替える

 高リスク型の急性リンパ性白血病(ALL)を発症したエミリーさんの事例は、25日の米医学誌「ニューイングランド医学
ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に詳細が掲載された。

 研究を行ったのは、米ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)アブラムソン・がんセンター(Abramson Cancer
Center)のカール・ジューン(Carl June)氏率いる研究チーム。研究を支援した製薬大手ノバルティス(Novartis)は昨年、
白血病、その他のがんに対するキメラ抗原受容体(CAR)技術を同大にライセンス供与する契約を発表。契約の一環
として研究所に2000万ドル(約1億9000万円)の資金提供を行った。

 研究チームのマイケル・カロス(Michael Kalos)氏によると、治療方法は、T細胞と呼ばれる白血球を患者の体内から
取り出し、がん細胞を特定して攻撃する細胞に作り替えるというもの。カロス氏は「このコンセプトは少なくとも50年ほど
前からあり、ヒトを対象にした臨床試験も過去20年間ほど行われてきたが、患者に戻したT細胞が患者の体内で生存
するのが極めて困難で、限定的な成功しか収めてこなかった」と説明する。だが、T細胞に組み込む遺伝子を運ぶための
「乗り物」に、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の近縁のウイルスを使うようになってからは生存時間が延びたという。

■さまざまながん治療で臨床試験

 ジューン氏の研究チームは2011年に最初の成果を発表している。これは、慢性リンパ球性白血病(CLL)を発症した
成人3人に対する研究だったが、2年以上が過ぎた今もなお、3人のうち2人は疾患を発症せずに生活を送ることができて
いる。現在は10人以上の患者が新たにこの治療を開始しているという。

 カロス氏は、患者の大半で非常に強い反応が得られているものの、ごく一部の患者ではまったく反応がみられておらず、
その原因を現在究明中だと語る。「患者由来かもしれないし、製品に原因があるのかもしれないし、腫瘍に原因がある
かもしれないし、まったく別の何かによるのかもしれない」

 一方で、成人の脾臓(すいぞう)がん患者と中皮腫患者に対する初期試験も始まった。まだ米国内だけでの試験だが、
研究チームはいずれ世界規模に拡大したいと考えている。

>>2あたりに続く

AFPBB News 2013年03月26日 16:37 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2935863/10500731




2 :pureφ ★:2013/03/26(火) 23:52:01.85 ID:???
■成功例続けば数年以内の実用化も

 これらの治療方法はまったく新しい地平を切り開くものだ。すべての患者に対して、患者個人に合わせた治療が必要になり、
患者は何年間も免疫系を強化するための抗体治療を受けなければならない。もしかしたら治療は一生続くかもしれない。

 だが、これまでのような成功が続くのであれば、この治療方法はあと数年で市場に流通する可能性もある。カロス氏は
「われわれの事例では、データは極めて前途有望なので、さらに劇的な成果をともなった第II相臨床試験を行い、(当局に
対して)『これについて承認を検討していただきたい』と言いに行けるかもしれない」と期待とともに語った。(c)AFP/Kerry Sheridan

Brief Report: Chimeric Antigen Receptor–Modified T Cells for Acute Lymphoid Leukemia
Grupp S.A., Kalos M., Barrett D., et al.
New England Journal of Medicine March 25, 2013 DOI: 10.1056/NEJMoa1215134
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1215134




3 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 00:20:29.49 ID:U0gGpv3K
たまたま体が強かっただけじゃね?




4 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 00:24:09.73 ID:AVDzsL1D
映画だと超攻撃的細胞に進化して人類滅亡する流れ




5 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 00:31:23.09 ID:yzwRzqAZ
ここで日本のナノテクの出番でしょう。
「HIVウィルスの近縁のウィルス」なんか使わなくても、もっと安全で再現性の高い「乗り物」を日本が提供する、という手があるんじゃない?
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1364228421/
こういうのを利用できないかな。
大塚キャスターに間に合えばいいんだが。。。




7 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 01:09:32.91 ID:2apKY8Uk
脾臓(すいぞう)
脾臓(すいぞう)
脾臓(すいぞう)




8 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 01:20:16.57 ID:7/BwWmZZ
こんな記事読むとエイズウイルスもやっぱり研究所で作られたんじゃねーか
って疑惑が改めて湧き上がってくるなあ。悪気は無かったのかもしれないけどよ。




9 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 03:35:36.48 ID:zzapuBl4
これはすごいな
確立されれば21世紀最大の発明間違いなしだ




12 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 07:59:05.21 ID:MLLW1W6c
>>8
人口爆発を防ぐため、とかよく言われた。




10 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 06:06:08.87 ID:TN/M9vsh
>脾臓(すいぞう)
どうやったらこういう間違いができるのかね。変換ミスではあり得ないし。

ともかく膵臓癌は5年生存率が2%ぐらいしかない強烈な癌だから新しい治療法が出てくるのは良いこと。
でもやってる内容は日本でも研究してるWT1ペプチドワクチンと同じだよね。




11 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 07:45:52.58 ID:uLNQco6X
でも、保険適用されるのは30年後でしょ




13 :名前をあたえないでください:2013/03/27(水) 08:16:38.43 ID:BUsZTMsR
膵臓なのか脾臓なのかはっきりしろ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/03/28(木) 06:00:58|
  2. 国際
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「精神分裂病」よりも「統合失調症」のほうが抵抗なく使えると名称変更を評価されている | ホーム | はなまるうどん、公的医療保険の保険証提示で50円引サービス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://medichannel.blog.fc2.com/tb.php/302-b7738b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Jinjin

Author:Jinjin
このブログはリンクフリーです。
相互リンク&RSS募集中です!
ツイッター開始。フォローしてくれたら嬉しいなぁ。
Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
管理人 (3)
医療 (72)
再生医療 (17)
介護 (1)
医療/放射能 (1)
産科 (8)
脳神経学 (38)
患者/栄養 (2)
看護 (7)
薬学 (16)
患者/疾患 (16)
研修医 (1)
代替医療 (1)
法医学 (3)
歯科学 (3)
消化器学 (22)
精神科 (12)
健康管理 (13)
病院 (7)
遺伝学 (1)
学生 (3)
国際 (47)
循環器学 (4)
救命 (3)
生命倫理 (2)
リハビリ (1)
呼吸器 (1)
整形 (2)
アレルギー (2)
泌尿器 (2)
心理 (5)
免疫 (5)
眼 (7)
耳鼻咽喉 (1)
事件 (7)
感染症 (9)
皮膚 (2)
小児 (3)
栄養 (2)
婦人科 (1)

はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
5093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
379位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

RSS

広告

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

逆アクセスランキング

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。