メディカルちゃんねる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホタルイカやスルメイカの内臓に、肝臓脂質を低下させる効果 内臓に有効成分/富山短大


1 :白夜φ ★:2013/04/09(火) 09:00:00.80 ID:???
ホタルイカで肝脂質低減 内臓に有効成分 富山短大
2013年4月8日 夕刊

富山湾特産のホタルイカやスルメイカの内臓に、肝臓脂質を低下させる効果があることが、富山短大(富山市)食物栄養学科の竹内弘幸教授(脂質栄養学)らの研究グループの動物実験で分かった。
五月二十四日から名古屋大で開かれる日本栄養・食糧学会大会で発表する。 (石井真暁)

肝臓に脂質が過剰にたまる脂肪肝の人は国内で一千万人を超えるといわれ、研究グループは今後、人への効果を確認する。
同短大と香川大農学部などが共同で研究した。

生後四週間のラット四十匹を五グループに分類。
通常の餌と、通常の餌にホタルイカの全体、内臓、内臓を取り除いた部分、スルメイカの内臓を粉末にして混ぜたものを食べさせて二週間、飼育。
血液中のコレステロールと肝臓に含まれる中性脂肪を測定した。

その結果、ホタルイカの内臓を取り除いた部分を食べたラット以外は、通常の餌を食べたラットに比べて中性脂肪が25%減少。
コレステロールはスルメイカの内臓を食べたラットのみが20%減った。

研究グループは昨年三月、ホタルイカに脂肪肝を改善させる効果があることを実証。
ホタルイカのどこにその成分が含まれるのかを研究していた。
竹内教授は「ホタルイカは内臓ごと食べることが多く、おいしくて体にもいい。食品や薬品の開発につながれば」と話している。
_____________

▽記事引用元 東京新聞 TOKYO Web
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013040802000220.html

▽関連
富山短期大学 トピックス 13/04/02 (火)
ホタルイカの内臓に健康成分が含まれていることをつきとめました [トピックス]
ホタルイカの内蔵部分に肝臓脂質の低下成分が含まれていることをつきとめる
本学 竹内教授研究グループ
http://blog.toyama-c.ac.jp/tomitan/index.php?ID=1838
平成25年4月2日
ニュースリリース
まるごと食べるのがポイント
ホタルイカの内臓に健康成分
日本栄養・食糧学会にて発表予定
http://blog.toyama-c.ac.jp/tomitan/archives/2013/04/images/1409861134.pdf



一十珍海堂 紋次郎いか (1ポット100本入り)一十珍海堂 紋次郎いか (1ポット100本入り)
()
紋次郎いか

商品詳細を見る
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/13(土) 17:00:11|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肥満から起こる様々な自己免疫病の決定的な原因となる遺伝子を発見/東大


1 :一般人φ ★:2013/04/06(土) 16:40:23.16 ID:???
 肥満の人が多く持っているたんぱく質「AIM」が、膠原(こうげん)病などの自己免疫疾患の発症に
関与していることを、宮崎徹・東京大教授(分子病態医科学)らがマウス実験で突き止め、米科学誌
セル・リポーツに発表した。血液中のAIMを減らせば、自己免疫疾患の発症を抑えられる可能性があるという。

 自己免疫疾患には、複数の臓器に炎症が起きる膠原病のほかに、糖尿病につながるインスリン分泌不全、
橋本病の原因となる甲状腺機能低下などがあり、肥満の人に多い傾向がある。詳しい原因や仕組みは謎だった。

 宮崎教授らは99年、体内に侵入した異物を攻撃する白血球の一種「マクロファージ」で作られている
AIMを発見し、さまざまな病気とAIMの関係を調べた。その結果、高カロリーの餌を与えて太らせた通常の
マウスでは、自分の細胞などを異物と誤認して攻撃し、自己免疫疾患を引き起こす「自己抗体」が増えることが
分かった。AIMを作れないように操作したマウスは体重が増えても自己抗体がほとんど増加しなかった。

 宮崎教授は「AIMは糖尿病や動脈硬化を引き起こすことも分かっている。AIMの血中量を正常値に
維持することでさまざまな疾患の発症予防につながる可能性がある」と話す。【渡辺諒】

.▽記事引用元 毎日新聞(2013年04月05日 19時48分)
http://mainichi.jp/select/news/20130406k0000m040026000c.html

▽東京大学プレスリリース
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/admin/release_20130405.pdf

▽Cell Reports
「Obesity-Associated Autoantibody Production Requires AIM to Retain the Immunoglobulin M Immune Complex on Follicular Dendritic Cells」
http://www.cell.com/cell-reports/abstract/S2211-1247(13)00113-7




6 :名無しのひみつ:2013/04/06(土) 17:35:11.12 ID:NUPv0ML2
で、減らす方法は?




7 :名無しのひみつ:2013/04/06(土) 18:23:08.00 ID:Nwubjsxn
東大コンプがわいてるなあ
低学歴って僻むことしかできないから人生楽しくなさそう




9 :名無しのひみつ:2013/04/06(土) 23:47:48.86 ID:JdSpxuTQ
>米科学誌セル・リポーツ

エルゼビアってオランダじゃなかったか




10 :名無しのひみつ:2013/04/07(日) 00:12:12.19 ID:qBnz/EJu
>>9
Cellそのものはアメリカにあるだろ、日産てフランスの会社だよねみたいなこというなよ。


テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/07(日) 17:00:51|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PM2.5が10μg増加すると死亡率は0.38%、循環器系疾病による死亡率は0.44%、呼吸器系疾患による死亡率は0.51%増加・復旦大学


1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/04/02(火) 22:52:15.52 ID:???0
復旦大学公共衛生学院は3月31日、今年1月に華北地区で発生した深刻な大気汚染による健康被害の調査結果を公表し、
北京市、河北省石家荘市、唐山市内の病院に訪れた外来患者数は通常比20~30%増だったと発表した。1日付新京報が伝えた。

調査期間は重度の汚染が発生した1月10日~17日。北京市では人体に有害な微小粒子状物質「PM2.5」の量が
最高で1日当たり400マイクログラム(μg)立方メートル、石家荘市では700μg立方メートルを超え、
病院の救急センターや外来診察部の患者数がいずれも20~30%増加した。

大多数の患者は、呼吸器系や循環器系の不調を訴えての受診だった。

また同学院は全国17都市でも大気汚染が引き起こす健康問題を調査。PM2.5が1立方メートル当たり10μg増加すると
死亡率は0.38%、循環器系疾病による死亡率は0.44%、呼吸器系疾患による死亡率は0.51%それぞれ増加すると指摘した。

さらに中国の大気汚染は地域差が極端である点にも触れ、西北部については恒常的に悪化しているものの、
沿岸都市部との微小粒子の成分の違いから、比較的健康被害は小さいなどの独自見解をまとめた。
http://news.nna.jp/free/news/20130402cny012A.html




2 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 22:54:42.21 ID:c8ihHLixP
なんだ1%以下か

フルアーマーから言わせりゃ「直ちに影響はない」レベルだな




3 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 22:55:16.01 ID:wPiAzULw0
他に害のある物が多すぎて気のせいレベル
メラミンミルクとかのほうが問題だよな




5 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 22:58:17.72 ID:p6jG2ing0
2~3割も増加するなんてえらい有意な影響が出たな




8 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 23:01:26.37 ID:hP/r9uHl0
これを除去するコスモクリーナーなんて日本に無いから




9 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 23:02:43.20 ID:nVzU7Jvf0
アメリカかどこかで、10μgで、9%という数字もあるだろ。
どうせ支那の数値は、20分の1以下に控えて発表してる。




10 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 23:05:52.76 ID:Ty9/ccYt0
あのスモッグで健康被害がでないわけがない
あんなの人間が住めるレベルじゃないだろ
これから長期的にとんでもない公害問題になるぞ




12 :名無しさん@13周年:2013/04/02(火) 23:36:14.95 ID:vjvYBFbHP
ところで福島の原発事故の時大騒ぎして九州とか沖縄に逃げた人たちって、
PM2.5に対してはどのように対処してるのかな?




14 :名無しさん@13周年:2013/04/03(水) 00:51:54.61 ID:jtNWJ5oj0
千人くらいの学校で四人死ぬくらいどうってことない




15 :名無しさん@13周年:2013/04/03(水) 00:55:51.37 ID:UqQiPGJO0
そもそも、本人や家族がタバコ吸ってる様なやつらが
PM2.5を気にするのは、本末転倒。


テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/04(木) 17:00:28|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森県は日本で最もがんで死ぬ割合が高く、平均寿命も最下位・・・医者 「青森県民の生活習慣は、がんを招く」


1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/04/02(火) 09:07:36.03 ID:???0
生活習慣が引き起こす三大疾病「がん」「心疾患」「脳卒中」の中で、とりわけ死亡リスクの高い「がん」。
先日、女優の坂口良子さん(享年57)の命を奪ったのも「横行結腸がん」という大腸がんの一種だった。

すべてのがんを対象にした全国の死亡率をみると、特定の自治体で偏りが生じていることに気付く。
青森県は日本で最もがんで死ぬ割合が高く、低いのは長野県。この明暗を検証すると、病魔に負けない体を作るヒントも見えてくる。

自分が住む自治体は、がんに強いか、それとも弱いか。そんな疑問に答えるデータが存在するのをご存じだろうか。

別表は、国立がん研究センターがまとめた都道府県ごとのがん死亡率(2011年、10年)を低い順にランク付けしたものだ。
データは厚生労働省の人口動態統計で、高齢化の影響を排除するために75歳未満が対象。

10万人当たりのがんによる死亡者数の割合を数値化している。値が高ければ高いほど、がんで死ぬ率が高い。
目立つのは、最下位の青森県。04年から8年連続でワーストという不名誉な記録を続けている。

新渡戸文化短期大学の学長で医学博士の中原英臣氏は「青森県民の生活習慣には統計上、がんを招く危険因子が数多く含まれている。
野菜の摂取量は少なく、飲酒率などは高い。その結果が(表に)如実に反映されている」と説明する。

野菜不足は大腸がん、酒の飲み過ぎは食道がんのリスクなどを高めるという。
厚労省の国民健康・栄養調査(10年)をみると、青森の男性は、飲酒習慣者(51・6%)の割合が全国トップ。
1日の食塩摂取量の多さ(13・0グラム)でも2位となるなどリスクの高い生活習慣がうかがえる。

青森県がん・生活習慣病対策課では「もうすぐ10年連続でワーストになる。
平均寿命も男女とも最下位で、県民の健康状態の改善は喫緊の課題」(担当者)と焦りを隠さない。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130401/dms1304011825005-n1.htm




青森産 りんご ふじ 10kg (28~40個入) [訳あり]青森産 りんご ふじ 10kg (28~40個入) [訳あり]
()
ふじ

商品詳細を見る
続きを読む

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/04(木) 06:00:05|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脂肪蓄積調整する遺伝子を発見 メタボを改善する薬剤の開発などに生かせる可能性/大阪大


1 :依頼34-145@白夜φ ★:2013/03/22(金) 00:58:03.39 ID:???
脂肪蓄積調整する遺伝子を発見…阪大グループ

脂肪の蓄積を体内で調整することに関わっている遺伝子をマウスの実験で発見したと、
大阪大の審良あきら静男教授(免疫学)らの研究グループが21日、英科学誌ネイチャー電子版で発表する。
この遺伝子が働かないマウスは、人間で言う「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の症状を示した。
メタボを改善する薬剤の開発などに生かせる可能性があるとしている。

グループは、肝臓や脾臓ひぞうなどで働く免疫細胞「マクロファージ」を研究する過程で、この細胞が骨髄から作られる際に、
「Trib1」という遺伝子が「生成指令」を出すことを突き止めた。

この細胞は免疫だけでなく、脂肪の蓄積をコントロールする役割を果たすことも確認。
Trib1が働かないようにしたマウスは、内臓脂肪の細胞に脂肪をため込めなくなった。
このため、脂肪が血液中に流れ出したり、臓器の周りに蓄積したりするようになり、高脂肪の食事を与えると糖尿病を発症したほか、
血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度も、正常なマウスに比べて高くなった。

グループの佐藤荘たかし・阪大特任助教は
「人も同じ遺伝子を持っており、免疫細胞によって脂肪の蓄積が調整される仕組みは共通しているはずだ。
免疫細胞の具体的な働きを調べることで、薬剤候補物質の絞り込みにつなげたい」と話している。

(2013年3月21日 読売新聞)
______________

▽記事引用元 YOMIURIONLINE 2013年3月21日配信記事
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130321-OYO1T00424.htm

▽関連
・大阪大学 研究成果
組織常在マクロファージがメタボリックシンドロームをメンテナンスする (審良 拠点長が Nature に掲載)  2013.03.21
http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/research/2013/03/20130321-nature.php
組織常在マクロファージはメタボをメンテナンスしていた
http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/research/%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%83%BB%E5%AF%A9%E8%89%AF_Nature%20%E8%A7%A3%E8%AA%AC.pdf
・Nature
Critical role of Trib1 in differentiation of tissue-resident M2-like macrophages
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature11930.html

※ご依頼いただきました。



メタボの罠―「病人」にされる健康な人々 (角川SSC新書)メタボの罠―「病人」にされる健康な人々 (角川SSC新書)
(2007/10)
大櫛 陽一

商品詳細を見る
続きを読む

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/04/03(水) 17:00:59|
  2. 健康管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Jinjin

Author:Jinjin
このブログはリンクフリーです。
相互リンク&RSS募集中です!
ツイッター開始。フォローしてくれたら嬉しいなぁ。
Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
管理人 (3)
医療 (72)
再生医療 (17)
介護 (1)
医療/放射能 (1)
産科 (8)
脳神経学 (38)
患者/栄養 (2)
看護 (7)
薬学 (16)
患者/疾患 (16)
研修医 (1)
代替医療 (1)
法医学 (3)
歯科学 (3)
消化器学 (22)
精神科 (12)
健康管理 (13)
病院 (7)
遺伝学 (1)
学生 (3)
国際 (47)
循環器学 (4)
救命 (3)
生命倫理 (2)
リハビリ (1)
呼吸器 (1)
整形 (2)
アレルギー (2)
泌尿器 (2)
心理 (5)
免疫 (5)
眼 (7)
耳鼻咽喉 (1)
事件 (7)
感染症 (9)
皮膚 (2)
小児 (3)
栄養 (2)
婦人科 (1)

はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
5093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
379位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

RSS

広告

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

逆アクセスランキング

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。